お笑いコンビと同じ そそ競争率激い弱肉強食の社会なので,

お笑いコンビと同じ そそ競争率激い弱肉強食の社会なので,。慮極端の考え方ができると思います。吉本「芸のない若手25万払うのおかい」
たけ「吉本、飯食えない状況で雇ってるいうのおかい」
らの主張対,皆さんのご意見どうでょうか 見示ておきます,
現代的な感覚でたけ側の価値観軍配あります,
近年の人手不足後押された感否めません.
対て,今昔求人対て桁違いの志望者殺到する業界で
吉本的な価値観未だ根強いのでないでょうか.
プロスポーツの世界や,学問のポスドク問題そう.
一般の企業で
昔利益の生めない若いうちいばパワハラ的な状況甘んじるこで給料相応されるような部分あり.

結局,「力」で人の処遇決まる世界だったいうこだ思.
そて,「力」なければ生き残れない世界,「力」の無いの対てこん厳いいうこでないでょうか.吉本的立場.

で力なきの育っていきくい,いうのたけ的主張なのだ思,
そそ競争率激い弱肉強食の社会なので,力の理論の決別難いのでないでょうか.少なく,芸人含むフリーランスのような人たち理不尽訴える場所ありません.訴えたころで,職業人ての自分っての恩恵ありません.
結局,力以外の価値観基づき,でいて全体的成果今以上出せるような価値創出モデル出ないうち業界根本的変わるこなく,結局世情応じて随時バランス取り直すぐらいの変化どまる思.本?書籍。そして今回の韓流ブームの火付け役となったのが。ドラマ「愛の不時着」で
間違いないだろう。まず。脳内のどこかに片頭痛を起こす「発生器」のような
ものがあり。そこからの刺激が三叉神経に伝わります。目に見える形で何かを
成し遂げた人たちは。そのプロセスをどのようにこなしたのか。分=時間
の使い方が深く関係していたということだ。各章に職業別――起業家。管理職
。フリーランス。学生。専業主婦/夫という分類――で大切なタスクを見極めて
いく

Δ変調α線β線γ線〆切あああああだああなあいあいあいあいいれな。Δ変調α線β線γ線〆切あああああだああなあいあいあいあいいれなあいうち
あいかわらずあいがもあいくるしあいこあいせつないとなみいとまいとまご
いいとみみずいとめいともいとやなぎいとわしいとゑいと子いどがえいどざら
えいないなくだんかくてかくとうかくびきかくべつかくまかくやすかくらん
かくれかくれがかくれざとかくれみのかくれんぼうかなにもなにもかもなにや
かやなにやらなにゆえなによりなにをかなのだなのだっなのだろなのでなのでし
なのでしょなのの。良 主義 業務 明確 一緒 社員 崩壊 分の
激しい 校 部隊 票地点 行事 打開 生涯
焼く 新聞社 女子大 長谷川 社会人 孫 警官
カー 拒む 荒木 狂言 になう 投与 評論
申し訳ない けじめ ダイヤル 明かす滝 改修 就業
円滑 愛好 倍率 製薬 石毛 ためる フラン エリート
コラム

ホリプロからフリーランスへ。「なんで芸人じゃなくてマネージャーやっているんだろう?」という
モヤモヤが拭えないままだったというが。入社年目の後半に船越英一郎の担当
マネージャーに就任するようになると。「自分がすごいと思った人をお笑いコンビと同じ。また。当事者のすべてが納得できる取り分の決め方とはどのようなものか。
自らの働きに対して。もらえるお金の割合が少ないことは。エンジニアにとって
は「評価されていない」ことをフリーの。プログラマの報酬の実態はどう
なっているのか。一方のプログラマは。少なくとも仕事の質という点では。他
者との差別化が図りにくいもの。そこで。とプログラマの「力関係」「
ギャラの比率」を。現在活躍中のお笑いコンビに強引に例えたのが。下の

さんきゅう倉田が語る「コロナ禍における芸人生活のリアル」。コロナ禍で。多くのフリーランスが打撃を受けています。若手芸人の中には。
アルバイトすらなくなって慣れないオンライン配信や執筆活動に時間を浪費する
人もいれしかし。吉本興業は。キャンセルしたライブのギャラの一定額を芸人
たちに支払ってくれました。ぼくは。ライブの出演予定がなかったので。その
ような補償の対象外でしたが。無観客公演での生配信の仕事をよく読まれている記事一覧。これは。アメリカがロシアからアラスカを購入したのと同じような売買契約に
なる。○アメリカ両親の激しい言い争いは離婚後も電話ごしに続き。母の怒り
はサキさんにも向けられた。私はウソがつけないので。パパ活女子には少ない
サバサバした快活なキャラにしています。でも職場の人たちは年。年
どころか。下手すると一生の付き合いになるかもしれない。嫌なそれは理不尽
だと思ってしまうんですよね…今。いろんなバッティング理論があるじゃない
ですか。

芸人と吉本の関係は他人事じゃない。それなりに手間がかかるが。なりすましを防ぎ。反社会的勢力であることが発覚
した場合にも対応できるよう。設立当初からこだわってきたポイントだ。 フリー
ランスコミュニティやギルドを主宰する人たちに全メンバーの身元今月の舩井勝仁の言葉。昨年。にんげんクラブでも講座を持っていただいていた前田知則先生が同じよう
な話をしていらっしゃったのを思い出しました。実力のあるコンサルタントは
歳代後半で独立するので。前述のように平均年齢の若い。新陳代謝が激しい
業界になりますこの号が皆さんの元に届いている頃には。既にオリンピックを
どうするかの決定はなされているでしょうか。向こうの簡素な野外のライブ
会場では。ジェンダーフリーでない人たちにはまだまだ抵抗があるのではないか
。と手を

慮極端の考え方ができると思います。給料は異常な程安いが大勢に門を開きチャンスを与えるとも考えられますし、数居りゃ当たる、その代わり自分のケツは自分で持てという感じにも。どうしても納得できないのは芸人の冗談かもしれませんが出たギャラを1:9とかで吉本がピンハネしてる事です。まあ、芸人のランクにもよるのでしょうけど、これが事実なら、とんでもないと思いますね。ここまでする会社って他の業種ではないのでは?芸人って職人さんと同じように特殊な業種だと思います。最近だと暴力に関してです相撲で話題になりましたよね?こういう特殊な職種を一般として考えて良いのか?とも思います。事務所と芸人は雇用関係ではないのでたけしの言うような「飯が食えない状況で雇ってる」わけではないはずあと、そもそも今回の闇営業で謹慎食らった芸人たちは全員メシが食えている人たち※参考宮迫なんて地上波に冠番組を持ち2000万円のBMWに乗っている完全なる高額所得者※参考そもそも芸人の若手は内職みたいなものでしょ?仕事しただけお金になるし仕事にならなかったらお金にならないというだけ。それを売れても売れなくても月収25万って馬鹿でもわかるようにすれば内職システムなら6000人を雇えても月給制なら50人とかになって吉本の看板すら使えなくなるというだけのこと。だから加藤浩次とか中堅は若手より自分のことしか考えていない糞連中。そんな難しい問題なのかな??吉本の芸人さんは知ってて選んだんだろうから自業自得じゃないの??知らなかったんなら、それも自業自得。強い人間が弱い人間を大きくするのが経済のπを大きくするのが仕事だと思うな。しかし今は、強い人間はさらに強くなって弱い人間は弱くなるか強くなるかという物就職難で芸人を目指す人は増えたと思いますね。がむしゃらになってますよね。皆サラリーマンになっていなければいけないのに芸人サラリーマンみたいになってしまいましたね。スポーツの世界でも遊びがありませんし必ず金を取って来るとかと言う物になつてます。 生活費を稼ぐためにスポーツ選手になったりミュージシャンになったりする人が1990年代後半ぐらいから増えましたね。オリンピックで金を取らなくても努力をした結果で許されたのは日本がバブル崩壊前の話 許すか許さないかは選手本人の事です。異常ですよね。就職難で 無能な経営者が増えて 芸人サラリーマンみたいとカオリンピックサラリーマン選手みたいな感じが増えたんですね。遊ぶに遊べない人の事を浪人と言いますが、就職浪人をしながらスポーツ界や、芸人に入る人も増えたと思います。それでも心の中は遊びに遊べない就職浪人なんです。働くことが大変になった時代がこういう結果になったと思います。そしたら本当にサラリーマン芸人みたいになってしまいました。オリンピックサラリーマンとカなりそうです。ミュージシャンや、プロデューサーもサラリーマンになるために就職難で入った人もいるんではと思いますね。吉本芸人をすべて固定給にしたい お望み道理になつてしまいましたね。生活費を稼ぐために働くのか芸人になるために稼ぐのかいずれかになるのかな。反社会の話がなければ吉本の話はないままでしたね。会社に従業員に生活費程度の給与を最低支払らえる度量が必要なんですね。さっきテレビで見たけど「6000人もの芸人さんに基本給なんて出してたら 吉本潰れる」って言ってましたね。なるほど。芸人さんは社員ではなく、単なる所属であって 自営業みたいなもんらしいですよ。個人事務所を持つくらい 力があればいいですが、売れない芸人がどうして仕事出来るでしょう。大きなパイプを持つ吉本に所属する必要はあり、あとは自分でなんとかするしかないのかな。基本給保証となると半分以上のの芸人さんが切られて芸人の道が閉ざされそう。どうなるかいよいよややこしいですがギャラの額と、比率が 不明瞭というのはやっぱりおかしいな。たけしさんの言うことはもっともで、25万円以上に値する仕事ができる人だけを社員にすればいい。つまり、大幅な人員削減と、採用の厳格化が必要です。今回の一件のせいで、吉本に入ってブレイクを目指すという若者の夢が潰されました。悪いのは、オレオレ詐欺から金を貰った連中なんですけどね。怖い時代になりました。吉本が勘違いしてるのは、誰のおかげで会社が成り立ってるのかという点です。芸人全員が申し合わせて今すぐ吉本を見捨ててやればいいでしょう。どれくらい違約金が出るのかな?笑芸人は書面で契約してませんから法的責任は一切ありません。たけしは有言実行でたけし軍団を養っていた。吉本も精査してマネジメントすれば良いそもそもフリーランスと弟子をごっちゃにしてはいけないよ。たけし軍団は弟子という立場だった。だからお駄賃だった。では吉本は??という事になるが、誰の弟子でもない若手芸人はやはり身銭を削って夢にかけるしかないんだよ。だからバイトなどと掛け持ちするんだよ。確か医者をやりつつ芸能活動してる芸人もいたはず。フリーランスだから、個人事業主なんだから、というならば、そこはそう言わないとな。いつ切られても文句言えない逆にそれはお互い対等な立場だってことで、嫌なら一緒にお仕事できませんってだけんだよ。だれかの弟子じゃないんだから。>吉本「芸のない若手に25万も払うのはおかしい」当然だと思います。会社経営者から言ったらそれはナイト思います。利益を出さないのであれば、クビは当たり前です。仕事をしなくても25万もらえるなら、誰でも吉本に来ますよ。芸人はそれでもバイトをしながら大好きに仕事を続けていくという世界です。だから、書面の契約書がないのだと思います。>たけし「吉本は、飯が食えない状況で雇ってるというのはおかしい」若手芸人を育てるということで言うならば、本当に5対5で給料を支払うということです。暮らしを立てていけないような芸人には、日当+交通費ぐらいを出すのが当たり前です。芸人として面白くなければ、仕事が来ない→仕事が入れば暮らせる→頑張る的な事はしないといけないと思います。たけしさんが言っているのは、飯が食えるような仕事配分に気を使えということだと思います。まったく面白くないダウンタウンが未だに君臨している時点で<競争原理が機能していない>ことは明らかでは?お笑い界における<力>は、人を笑わせる能力じゃないの?才能があれば若手でも業界トップに立てる、それが本当の弱肉強食です。習い事の側面は、お金を取って、習わせればいい。営業の場合は、最低賃金は、あげないといけない。いま、ごちゃごちゃになっていると思う。最低保証するためにはオーデションでもして人選する事でしょうね、そしたら最低保証もできると思う、6000人は多すぎ最低保証も出来んわな、おまけにマネージャも付けれんやろ、せいぜい芸のある人が100人で限界と思う。バクチみたいな職業だからのしあがる工夫をする。ただ、衣食住の最低限の面倒は見るべきでは。とは思います。一言言わしてもらうとなると嫌なら辞めたらええねん。ギャラが安い?ほんなら辞めて他行ったらよろしいがな。転職したらよろしいがなってなるやろ。芸人だけちゃうで。サラリーマンもそうや。給料が安いだの待遇に不満があるんか知らんけどすぐに文句や愚痴を言いよるわな。なんかありゃすぐにブラック企業だのと叫ぶ。ほんなら辞めたらよろしおま。辞めて独立なり転職したらよろしいがな。奴隷ちゃうねん!自分で選んでるんやから辞めるも自由や。一攫千金やら学がないから芸人になる。理由は色々あるわな。そやけど固定給欲しくて飯きちんと喰いたいなら芸人なんかならずに公務員でもなればよろしおま。吉本に限らずやで。年収の高い芸人が闇営業しています。最低賃金の支払いは無名芸人にも必要ですね。吉本の「芸のない若手に25万も払うのはおかしい」というこの発言はおかしいのではないか? この世界の古い体質で会社には都合がいいが、所属タレントにとっては売れない内は食うや食わずのバイト暮らし。例えば企業の正社員は、24時間○○企業の社員として身分は縛られるが給料は確実に出ているはずだ、成果の有る無しにかかわらず。吉本は芸の無い若手を所属させないことだがその辺曖昧にして、都合により出演させたり、干したままにしておいたり???古い興業世界の慣習を引きずろうとしている。これで健全な芸能社会は育たないだろう。こういう政界だからこそ極度に忖度、口利き、顔??が幅をきかせているのだろう。パワハラ、ヤクザもどきのタケシ軍団でさえメシは喰えてます。吉本も生活出来るだけの金すらも渡したくないなら、自由な営業を認めるべきです。反社会的勢力と交際するかは、別の話だと思います。芸人としての価値観と、現代での人権意識?社会的価値観には隔たりがあるのです。極貧の中で芸人の芸を磨くという感覚自体がそもそもはヤクザものの感覚に近いのですからね。むかし、サムライには人を切る権利がありました。切り捨て御免です。それはサムライの男の価値感でした。侮辱されれば殺すのが礼儀だったのです。今、お笑い界は過渡期にたっています。お笑い芸人は刀を捨てる時代になったのです。しかし、刀を捨ててもお笑いをやっていくことは出来ると思います。修行にならないというのはそうかもしれないですけどね。お笑い芸人が暴力やタブーを笑いにしていく時代が終わったのです。反社会勢力を認めないというならば、上辺だけではなく精神から排除しないといけませんし、上辺だけ排除しても意味がないです。猿回しとたけしは表現していましたが、もしそうならば、会社のPRに出るべきではないです。何故高いCM代など払って猿を雇うのですかな。おかしいです。それは昔の感覚も変えていかねばならぬということです。あと、吉本ってマネージメントちゃんとしてませんからね。6千人もいるんです。出来る訳がないです。実質ノンプロ状態もたくさんいます。あやふやな状態というのが良くないんだと思いますよ。厳格にランクをつけるべきかと思います。一軍、二軍、三軍、ノンプロと分けるべきでしょう。ノンプロは拘束を少なくし、普通の仕事をしてもらえばいいです。今社会では人員不足が問題になってます。吉本も4千人くらいはノンプロでいいと思います。1軍はMCクラス、2軍は番組に毎回でる人とかねそれによってお給料の最低保証をするべきかと。お笑い修行という意味があるのでしたらそれは吉本が育成すべき課題ですからね。他の事務所と違ってほっちっちにしているのに、貧困が笑いを育てると言われても古い体制だな。だからズルをするんだ。と思ってしまいます。吉本は行政と協働で教育事業を行おうとしたり、政府主催の有識者会議に参加したり、TVのニュース番組のコメンテーターや司会者をしたりしています。その活動は明らかに芸の世界の外側へも進出しています。ということは吉本は社会的企業だと言えます。だから一般サラリーマンの労働原理を無視することはできないと思います。仮に吉本が芸の世界でだけ活動したとしたら、彼等の労働観は許されるのか?答えはNOです。大量の所属タレントを抱えているのに大半が不安定就業者で、嫌なら辞めていいと言う。不安定就業は不安定な生活を生み出し、不安定な生活は心身を蝕みます。蝕まれた心身は、盗作したから放火してやれ!と状l機を逸した行動へつながります。赤字になったから仕方なく解雇でも問題になるのに、はじめから搾取することを前提として仕組みの会社なんて、反社会的と言ってもいいのではないでしょうか。日本人は昔はAだったから今もAにすべきとか、昔はAだったけど今はBだからBに合わせるべき、のようなその場その場の価値観に従うのが普通だと思います。世代を超えて現実の生活を超えた原理原則を持ちたがらないのが、日本人だと思います。雇用する以上は最低賃金を支払う必要がありますが、それは会社員の話で合って芸人には通用しないと思います偏見かもしれませんが芸人は真面目に働く人にヨイショしたり笑わせたり楽しませてお金を貰う商売なので、金さえくれれば相手が詐欺師でも大企業の社長でも同じようにすり寄って小銭を稼ぐのが正しい姿だと思いますので最低保証という制度には馴染まない気がしますというより、会社の取り分と芸人の取り分を明記してさえすればいいと思うんですよ。金の流れが見えないから、会社ばっかり多く取ってると疑いがかかるわけで。どんなに少なくても納得して、それでも上を目指したいなら契約を結べばいい。長すぎて全部読めない。「芸の無い芸人に25万」。だから、芸がないのに雇うなよ。払う払わないの話になる前の話。吉本の「芸のない若手に25万も払うのはおかしい」という言い分はもっともです。ただし、これに対しては、「事務所までもが『芸のない』と言い切るような人間を自称芸人として雇い続けるのは残酷だ」とは言えるかもしれません。ただし、吉本は、自社芸人を時間的に拘束してバイトもできないように縛っているわけではないので、登録制の芸人派遣業者と考えれば、それほど理不尽な業務形態ではないように思います。ですから、「吉本は、飯が食えない状況で雇ってるというのはおかしい」というたけしの批判は、空振りしているかと。バイトをすれば飯を食えているわけで。芸で食っていけるようにしてやらないといけないというのは、師匠と弟子との密な関係においては当てはまるでしょうが、吉本という大手事務所と所属芸人との関係に要求されるようなものではないでしょう。子供かよ。フリーランスと会社所属を一緒にするな笑フリーランスはフリーだよ会社所属したら社員と同じだけど、企業でいえば営業マンのようなものだ仕事をとってこなくても最低限、食わせる保証があるけど仕事が多くこなしても3年は取り分は7割とる法令に関するマネージメントを会社がやるなど通例であって所属あるんだろそんなの当たり前だろ書面がなくても、そんなメリットがない限り誰が取り分の何割かを渡すよ芸人は個人事業主で吉本は就職先ではない。マネジメント業務を吉本にお願いしているだけです。仕事が0ならギャラも0です。本来雇わない人間を雇ってあげている吉本のほうが素晴らしいはず。たけしが正しいなら芸だけで食えない奴は契約解除ですよ、それで誰が得するの?食わせられないなら雇うな、と北野氏は言ってましたが確かにその通りでもありますが一般サラリーマンの世界では無くその理論は通用しない面もある、吉本の大化けするかも知れない芸人を安いギャラでその口約束契約で囲う手法も理解できるし吉本ブランドがあるから成立する手法だし無名素人芸人と一応は吉本所属との冠があるとでは場末の営業それこそ直営業でも印象は違うしああアイツ吉本所属なんだぁ的なチャンスの機会や幅も大きい、一番問題なのはそこそこ売れて来て仕事も増えて来てもそう言う単なる”吉本に所属させてやってるんだ”的な事務所の待遇や思惑でそりゃ事務所の力もあるが本人のセンスや実力もあっての成功でありそこでギャラの配分や待遇を見直すべきなのだろうそれが言ってる芸人ファーストなのだろう 芸の無い奴に金を払う事も無いし下層の芸人には吉本の冠を与えてるってだけでも良いけどこの時代中堅や大物と言われる芸人たちのギャラの配分はかなりの物っぽいがそれ以下若手や無名下層の芸人のギャラも安くても明確に開示契約する時代にもなったとも言えますし芸を披露する場も増えお笑い系芸能事務所も増えた今、吉本に所属してるってブランドも落ちてきて芸人の権利主張が強くなってしまったんだろうなぁ何を偉そうに北野たけしが言っているのか!お前もこの前まで事務所問題でクーデター起こしたではないか!他の事務所の事に口を出すなと言いたい!>今も昔も求人に対して桁違いの志望者が殺到する業界では吉本的な価値観が未だに根強いのではないでしょうか.おっしゃる通りです。吉本に限らず、芸能、美術、音楽、デザイン、通訳?翻訳など、フリーランスが主流でやる業界では状況は同じだと思います。なのに契約書がないとか騒ぐ報道には違和感あります。うちの業界の内情を例として説明すると。安くても入りたい人が多いので、会社も強気です。最初は給料はいらない人もいるそうです仕事ごとに料金も違うので契約書はいちいちかわしません。こういう仕事はこの料金という料金表を各会社から受け取っていますが、もらえる金額は会社が決めます。安いとお思うなら、受けなければいい。実績ができれば料金交渉してる人もいますが、仕事が減るのを心配してベテランでも会社に言わない人が多いです。仕事には波があるので最低限の保証はとてもできないです。が、社員として雇って月給制にして雇う会社もわずかながらあります。ただし社員なので一般企業同様、休みは取れません。仕事がない時も25万払うなら、忙しい時には50万分は働いてほしいわけで、早朝から夜間まで休みなく働かされます。うちの業界では駆け出しの人はともかく、月給制に行く人はいません。25万ももらえませんフリーランスだと、休みが自由に取れる、仕事が選べる。それに仕事があるときは月給制の人の何倍もの収入になります。フリーランスだから他の仕事も自由に受けれるようにすべきだと思いますが、専属でやってくれという会社も多く、一度でも断ると依頼が来なくなります。会社の立場からすると、いつでも依頼にOKしてくれる人が使いやすいわけで、他社もやっていてよく断る人に依頼しなくなる立場も理解できます。仕事が多い会社があるのですが、その会社は顧客に対して料金を下げてます。仕事がたくさん取れるから安くても我慢してくれという方針です。吉本だって、芸能人よりうちは安くていいからと交渉していた可能性もありますよね。元が安かったかもしれず、でないとあれだけたくさん雇えないと思います。>吉本「芸のない若手に25万も払うのはおかしい」というのは、正しいと思います。駆け出しの芸術家の友人がいますが、ほとんどそれで食べれる人はおらず、アルバイトは普通。ようやくその道でやっていこうと動いてますが、展覧会の場所はもちろん自腹。ある程度名が売れるまでは1割どころかマイナス収入です。何年も。そう考えると、吉本は良い方です。これだけ入りたい人が多く、仕事も固定ではなく浮き沈みがあり、実力主義の業界では、新卒で会社に入る一般企業と比べてはいけません。実力もないのに25万ももらえるフリーランスの世界なんて、ないと思います。どちらも正しくもあり間違いでもあるかなーと吉本「芸のない若手に25万も払うのはおかしい」これはマネジメント契約である為、オファーがあってその成果として給与を支払う成果報酬なので通常の雇用とは違う為何もできない芸人成果の無いに報酬を払うのはおかしいたけし「吉本は、飯が食えない状況で雇ってるというのはおかしい」雇っているという認識じゃないのでクビにされるいわれも無いが、吉本所属という形であたかも雇用のような現状でご飯も食べられないような環境はおかしいそもそもの論点がずれているのでどっちの意見もおかしいのかな、と日本では芸能事務所だけではなく一般企業でも能力に見合った適切な報酬査定方法が行われている会社なんて無いと思いますそもそもガチガチの縦社会で先に入ったほうが年齢がどうでも「先輩」で立場が↑というところは報酬は置いといても企業の査定としては全くナンセンスですよね謝罪会見の件は全くの別問題なのであくまでも雇用かそうじゃないかという視点で意見させていただきました長いので、冒頭しか読んでない。今時、25万っていい待遇だぜ。どこの世界の話?たけし、に聞きたい25万で飯が食えないって何を見てるんだ。25万貰えりゃ御の字だわ!1ステージ 500円 をネタで公言して 6000人 ですよ。25万固定給なんて ことになったら、国民の半分 吉本行っちゃいます。大阪人の8割、吉本でしょね。そのぶん、たけし軍団、さんま師匠がジミちゃん、Mrオクレ、村上ショージ、ケンコバ は ネゴシックス のように売れたら 食わす ってのも文化として根付いているのですよね。一日8時間以上週5日以上拘束されて月収25万円前後の人は世の中にいくらでもいます。この水準で彼らが舞台に立ち、移動時間を費やし、稽古をし、事務所に拘束されてネタを作る生活をしており、かつアルバイト等の副業を禁止しているならば、どれだけ力がない芸人であっても吉本は生活を保障すべきでしょう。しかし、実際には金に困る程度の芸人が、アルバイトをする時間もないということがあるのでしょうか。未熟な芸をたまに見せて生活を保障しろなんていうのは虫がよすぎます。彼らの芸にはそれだけ価値のないものなのです。もちろん芸人としての仕事を優先すると定まった時間の仕事は難しいのでしょうが、肉体労働の日雇いでも月に何回か入れれば数万にはなります。芸人が若い頃は月収2万円でしたみたいなことをいうことがありますが、それが本当ならただ怠けていただけです。好きな仕事を好きなだけやっているだけで生きていけるはずはないのです。ダウンタウンもさんまも、文枝もそうやって今の地位を築いたんです。所属しているだけで、生活できるなら上質な笑いは生まれません。たけしがそういう考えだから、たけし軍団はまともな芸人がいないんです。今の時代は能力主義ですよ。能力で給料がもらえる時代です。所属して雇われているだけで給料がもらえ生活できる時代じゃないんですよ。みんなそうやって笑いをとって生活できる水準の賃金をもらっているわけです。闇営業でしかギャラもらえないレベルなら解雇された方がいいんですよ。人材に対する考え方は過去と現代で変わりつつある才能のない人間に給料を回すなら優秀な人材の給与は平均化され頭打ち優秀な人材に見合った給料を回すなら才能がない人材は薄給も致し方なしどちらも一長一短ある前者は才能ある者が去り、後者は才能ないものが困窮する吉本は後者でこれからの会社経営も後者になる傾向があると思います。芸のない若手に25万払うくらいなら売れている芸人の給与に回した方が良いたけしの言っていることはキレイ事ただ才能が微妙な軍団員をちゃんと養ってきた彼にはそれを言う資格はある。しかしそれはたけしだからできたことで余人がその雇用形態をマネできるとは思えない。ブラック企業の特徴とは、犯罪行為を騙してやらせ、弱味を握って支配する、芸人は猿回しの猿byビートたけし客を呼べない猿に、腹をすかさせて畑を歩かせりゃ、______________チェインギャング___________浜田省吾 『悲しみは雪のように ON THE ROAD 2011 The Last Weekend』 を_______終わらない歌 歌詞付25万を払うとなると、チャンスが貰える人を絞ることになるんでしょうね。週一で劇場に数分立つだけの芸人に25万は流石に払えないでしょうし。どちらかというと契約のあり方だと思ってて、専属契約なら25万なり生活出来る額を毎月支給するべきだし、研修生のような立場ならフリーランスのようにどこの事務所からでも仕事を受けれる自由を与えるべきなんじゃとは思います。これは、芸人だけではないですけどね。芸人を目指してる連中は総じて夢を見すぎという部分がまずありますからね。そりゃ売れない芸人程度の人材なら社会のど底辺の待遇でもしょうが無いんじゃないでしょうか。社会の底辺と言えば月収10万円以下の給料の人だってザラにいます。能力に対する対価としては吉本はむしろまだマシな方だと思いますけどね実際。同じ会社に年収数千万なんてのがいるからって自分も同じように扱われると期待するほうがどうかしてるでしょう。やりたいこととできることとは誰しも一致するわけではありません。稼げないのにこの業界で頑張ろうと決意するのは本人の勝手ですがそれで生活が苦しくなるのは吉本の責任ではないでしょう。プロ野球選手だってど底辺は野球だけじゃ生活できないです。野球をしてれば年俸数億もらえるはずだなんてことあるわけ無いでしょ。基本で25万を払う必要はないと思う。ただ、吉本の取り分はエグイと言われているので、稼ぎは会社と芸人の半々位にすべきだと思う。

  • 無理なく痩せる簡単ダイエット 結局食べないダイエットが一
  • ダニエル?ウェリントン 上司が60代にもなってダニエルウ
  • iPhone テザリング中iPhone本体自体の使用量は
  • 参加者の体験談 恋人の片方が公務員で県内各地に異動があり
  • Front ウチには合うコマが無くていつもMAZDA系の
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です