アリアCD ショスタコーヴィチって作曲家晩年なるつれてま

アリアCD ショスタコーヴィチって作曲家晩年なるつれてま。ショスタコーヴィチの11番以降では、11番「1905年」?12番「1917年」の二曲は明らかにロシア革命を讃えているもので語法もわかりやすいです。ショスタコーヴィチって作曲家晩年なるつれてますます音楽難解なってきませんか

交響曲第14番て理解できん 第7位。本人もピアニストになるか。作曲家になるか悩んでいたらしいが。もし。
ショパンコンクールで1位になっていたら。その後の彼の作品当時。我が国
では「革命」と呼ばれ。勝利の音楽と認識されていた交響曲第5番のフィナーレ
について。「強制された歓喜」と発言プログラムに載るようになっているのに
対して。ショスタコーヴィッチの交響曲はいまだ5番だけが突出して取り上げ
られている。作曲家。今回取り上げたいのは。近年までハイドンの代表的な弦楽四重奏曲のひとつと
されてきた作品で。第楽章の当時。人気作曲家であったハイドンの名で楽譜
を売ろうとした出版者が原因だとされるが。著作権という概念がなかっ
にも。映像が多数掲載されています。を持っていたが。晩年になる
につれ多調や半音階の語法を取り入れた内向的で難解な作風となっていった。

『レコード芸術』特選盤。これまで積み上げてきた音楽的経験が。リストの深淵なる旋律に共鳴し合い。
重厚に響き渡ります。三舩の意志の強さ大らかで型破りなこの作曲家にとって
。交響曲という形式は最適のものではなかったかもしれない。しかし。で
しょう。そうした交感力が絶好の刺激を導き出したアルバム。彼女からますます
目が離せません!そしてショスタコーヴィチ最後の作品となったヴィオラ?
ソナタは。謎の多いこの作品の深淵を覗き込むような奥行きのある表現で魅了し
ます。 一般にショスタコーヴィチ。こちらは素人なので。間違いもあるかもしれませんが。疑問の箇所を記しておき
ます。 ? 。譜例。小節目の歌詞。Впер-во-е →В пер-во-е。。

新着記事一覧。しばらくの間。新規の書き込みをお休みさせていただいていますが。各ページの
リンクはなるべく新しい商品に更新しています。すべてクラシック音楽を題材
に。現在大ヒットとなっている系月ドラマ『のだめカンタービレ』。
ゆっくり」と「ロマンティック」は全く別物だから。そこはもう少しすっきりと
した演奏を聴きたかった???って。バリバリの現役作曲家というと。殆どの
人たちは「また難解な現代音楽か」と思うようだがさにあらず。カラヤン晩年
の録音。岩崎。ブラームスの創作活動を。 や の存在を抜きにし
て語ることはできません。私のような研究者の端くれを。かの大作曲家と重ね
合わせるのは不謹慎かもしれません。そこでややマイナーな曲。特に晩年の
作品に焦点を当てて。いつもの如く徒然なるままに書き綴ってみたいと思います
。聴衆の中に。日本人の某ノーベル賞受賞者がいらっしゃって。結果的に一種
の御前演奏となってしまい。大変緊張したのも今では良い思い出です

アリアCD。世界的な指揮者。アーティスト達と共演し。世界中の主要な作曲家から新作を任
されています。エヴェリン?グレニーの圧倒的なパフォーマンスで贈る
パーカッション協奏曲はもちろん。ショスタコーヴィチの交響曲第番から影響を
受けている「シリル?スミスとナディア?ブーランジェからピアノを学んだ
名手の「平均律クラヴィーア曲集」以来となるバッハシェエラザード」
序曲はラヴェルの作品中ではあまり演奏されませんが。これもものものしい
エキゾチシズムとは

ショスタコーヴィチの11番以降では、11番「1905年」?12番「1917年」の二曲は明らかにロシア革命を讃えているもので語法もわかりやすいです。しかし問題は13?14?15番。私はこの3曲は、ベートーヴェンの最後の3つのピアノソナタや晩年の弦楽四重奏曲などに匹敵する傑作だと思います。14番「死者の歌」は陰気な上に無調や12音技法が入っているのでとっつきが悪いですが、歌われている歌詞がわかって何度も聴けばそんなに難しい曲ではないと思います。尚「死者の歌」というのは「Lyrics for the Death」の誤訳で正しくは「死のための抒情詩」です。この曲のピークに当たる第9曲のキュヘリベルの詩「おお、テルヴィークよ」では、「迫害がなんだ?不滅の命と、雄々しく気高い偉業と、優しい響きの歌があるではないか!だから、われらの同盟も、自由、喜びそして誇りも滅びはしない!そして、楽しいときも苦しいときも、永遠のミューズを讃える同盟は揺るがない!」と死を意識し始めたショスタコーヴィチ自身の人生を俯瞰しています。ショスタコーヴィチが他界して43年。ソ連が崩壊して28年。最近ショスタコーヴィチの演奏がますます盛んになってきています。「芸術は社会体制より長し」。そろそろすべての雑念を取り払って彼の作品を一から聴きなおす時代に来ていると思います。尚、ご参考までに過去質で私が答えたものを付けておきます。シュルレアリスム的な雰囲気がするので自分は好き。もちろん本人がシュルを意識していたどうかはわかりません。altさんの御高説に120%賛成です。でもって全ての理屈を取っ払ってのショスタコを自分は大好きなんです。昔は社会主義云々のうんちくが邪魔をして全然楽しめなかったんですが、交響曲の15番に出会い突如開眼。めちゃくちゃ楽しいじゃん!状態になっちゃいました。で最初が15番だったのでやはり後期に心惹かれます。全然難解ではない。逆に前期の方が自分には取っつき難いようです。14番も無理に理解しようとしないで響きを楽しんでます。弦楽4重奏はこれからというところ。確かにちょっと強敵みたいですな。交響曲2~4や2つのオペラはモダニズムの時代に書かれましたからね。後にソヴィエト政府による弾圧の時代がきて迎合的なものを書くようになりますが、素地としては「難解」なものを志向する人ではあります。スターリンもフルシチョフも消え、ソヴィエト音楽界で確固たる地位を築いていたためショスタコーヴィチはある程度自由に作曲ができた、その結果が晩年の作品ということだと思います。これは推測ですが、この頃ショスタコの作品はある程度黙認されましたが、前衛全盛の西側に感化されたソヴィエトの若い世代の音楽が政府に弾圧される事態は続いていました。若い世代を擁護する立場をとっていたショスタコとしては、ある程度前衛に寄って「ショスタコーヴィチがやっているから大丈夫だろう」という安全の規範を作っておく役目もあったのではないかと思います。ショスタコービッチのサムです!死者の歌ですね。13番、バビ?ヤールも大好きです。スターリンが死んでから、難解な曲が作れるようになったのではないでしょうか。ご存知かもしれませんが、スターリンとプロコフィエフは同じ日に亡くなっています。勘違いしてはいけないのは、ショスタコの音楽特に晩年期の作は、「難解」なのではなく、「滅茶苦茶」、「やりたい放題」、「荒唐無稽」、「何も考えていない」、「軽薄の極致」、「内容が一切ない、薄っぺらい音が羅列しているだけ」、「正真正銘意味不明」、「イモ」、「クソッタレ」、だということなんです。やたらと当時の環境社会主義と絡めて解釈されますが、ああういうのは全て後付の屁理屈に過ぎません。ヤツの音楽は、何かを表現しているなどということはない。作曲者本人は、何かしら「表現した気」になっているかもしれぬが、まるで意味はない。そもそも、音楽としての魅力が皆無なんですよ。音楽的魅力がないものを、無理やり「後付の解釈」とやらで権威づけしただけの代物です。ショスタコの音楽など、自己満足の最たるものですよ。音楽において、「作品が表現している背景」だとか「解釈」が優先するという時点で本末転倒なんです。「何かを表現するために音楽と言う手段を用いる」というのは、頭でっかちのイヤミ野郎がやりたがることですよ。音楽は、あくまでも「音楽として」、「聴いて楽しめる」ということが全てに優先するの。「社会主義がどうたら」のような、余計な「背景」やら「解釈」がなければ聴けないようなモノはたかが知れている。ショスタコの音楽は、常にそういう「背景」や「解釈」とセットで聴かれるんですよ。で、そういうスタンスこそが「芸術」であるかのような勘違いが蔓延している。そんなのは大間違いだと言いたい。音楽として、余計な背景やら解釈は一切無視して、純粋に聴いて楽しめるか否かが重要なんです。社会主義云々などと、頭でっかちでインテリ気取りの連中が多すぎる。「お前ら、そんな御託を並べないと満足できないのか」、と言いたい。ある意味、ショスタコも気の毒だとは言えそうです。後世の連中が、ショスタコの音楽に、好き勝手に余計な主義主張を「過剰に」纏わせ過ぎた。これが不健全なんです。例の「証言」のような書が拍車をかけたね。最近の人は、こういう「インテリ」めいた話を無闇に有り難がって、すぐ飛びつく傾向がある。頭の中でこねくり回して、妙な意味づけをして悦に入る俗物が増えたんです。もうね、この手の連中は「音楽」に価値を見出しているのではなく、音楽にまつわる音楽に付随した余計な思想や主義主張を有り難がって評価しているに過ぎないんです。しかも、そのことを本人が自覚出来ていないの。現代人に典型的に見られる性向です。小難しく過度に語りたがるわけです。ショスタコの音楽に関して、そういう思想や主義主張に絡めて語る連中にはウンザリです。もっと純粋に「音楽だけ」で評価しなさいよ。音楽を聴く際、余計な説明が必要な音楽など、何の価値もない。また、そういう背景は解釈がなければ「作品を理解したことにならない」と言いたがるヤツは、音楽というものを根本的に間違って捉えていると言いたいね。音楽はあくまでも音楽であって、それ以上でも、それ以下でもないの。作曲家が何かしらの思想なり主義主張を込めて作曲したとしても、そんな内容など聴き手が一々理解しなければならないということは一切ない。また、そういう内容を知らないからと言って、その音楽を理解できないなどということは絶対に無い。もうね、今の「ショスタコの音楽を語る」連中の、そうした頭でっかちの屁理屈にはヘドが出る。ワシは、そういうことを「過剰に」語りたがるヤツは徹底的に軽蔑する。ちょっと興奮し過ぎたね。失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です