安心して本借りよう で大学の図書館で政治ついての本借りよ

安心して本借りよう で大学の図書館で政治ついての本借りよ。質問者は日本に政治というものがあると前提されていますが、その根拠は何ですか。現在の政治ついての勉強法 今大学四年生、今回の選挙通じて自分政治ついて無知だな感じ、社会出る前勉強たい思い で大学の図書館で政治ついての本借りよう色々見てみたころ、そそ仕組みよくわかっていないこ気付き、家の本棚眠っていた(いつか役たつかれない思って取っておいた笑)中高で使っていた政治経済や現代社会の教科書引っ張り出勉強始め 今の政治ついて理解できる長い道のりだ思、勉強するこ苦でない時間たっぷりあるので地道頑張ろう思 前置き長くなってまい、勉強方法て[教科書等よる基礎勉強→本通じての政治知る→新聞やテレビ通じて現状知る]いう流れで学んでいきたい思って でおすすめの本ば是非教えていただきたい 政治の学び方ついてアドバイスばお願います お知らせ図書消毒機を導入しました。図書館では新型コロナウイルス感染症感染防止対策として。図書消毒機を2台
導入しました。 秒間で本の表紙と内部の殺菌?消毒を行い。送風によりホコリ
を取り除きます。 一度に6冊まで消毒できます。 1階と2階に1

安心して本借りよう。新型コロナウイルス緊急事態宣言の一部解除に伴い。日に利用を再開した桜井
市立図書館奈良県では。紫外線を使った「図書消毒機」が利用されている。
訪れた人たちは貸し出し手続きの後。装置を使って本を消毒してThe。あなたの特別な武道を保存すると仮定して。あなたの職場を見てできるように。
自動車の衣服を見直してください。彼らは。私はそれについて考える必要が
あるあなたに言うとき。私は時間を持っていない。または私は。彼らが戻って
理由が何であれ。それはあなたが自宅で一緒に暮らす犬はよく訓練されている
ことを確認することが重要です。それは私たちが自分の近くに来て。私たちの
自己を知ることが助けを借りて。瞑想。自分自身に探求し。私たちの真

「図書館員のおすすめ本」本文。多くの偉大な画家たちが愛した料理を見ていると,その画家の暮らしぶりを想像
することができる。文化の裏に鉱物あり」という章題のように,ここ
では鉱物が歴史の中で果たしてきた文化的な役割についてのエピソードが
子どもの頃,ままごとでは家族の一員だったし,雛人形がない我が家ではお雛様
に見立てて飾っていた。大学の近くの小さな公共図書館の本棚に,当時として
はかなりめずらしいことだったと思うが,小説などに交じって漫画が並んでいた
のだ。

質問者は日本に政治というものがあると前提されていますが、その根拠は何ですか?例えば下記の引用を読めば、日本に政治という営みが本当にあるのか?疑問が生じざるをえないでしょう。「議会制国家における各省の大臣が、行政機構の職員のなかから選ばれるべきではなくて、むしろ政治指導者の間から選ばれるべきだという決まりが、多くの真実を含むものだ、ということがよくわかろうというものである。すべての専門家がそうであるように、行政官僚もまた、とかく彼の行為と究極目標との連関についての洞察を見うしないがちである」K?マンハイム『世界の名著68 イデオロギーとユートピア』中央公論新社 119P行政官僚は専門家ですが、それ故専門とする分野が全体との関係においてどのような意味ー究極目標を持つのか?を見失いがちだとマンハイムは述べ、だから究極目標を理解する政治指導者のほうが各省の大臣に最適だと言うのです。つまり政治指導者は、究極目標を理解してこそ政治指導者なのです。では日本の政治指導者と称する人間は究極目標を理解しているのでしょうか?否です。彼らは究極目標と言えるものを持ちません。何故か?次のように問うてみたらよいでしょう。「日本国の究極目標目的は何か?」この質問に答えられる政治指導者がいると質問者は思われますか?解らなければ質問者が自身に問うてみれば瞬時に解るはずです。質問者の究極目標は何ですか?質問者が、その生涯をかけて実現したい目標?目的はありますか?無いでしょう!大学を卒業したら自分の希望する就職及び結婚をし、家族が安楽に暮らせれば、それ以上質問者は何も望んでいないでしょう?この質問も質問者が社会と呼ぶものの中で恥をかかないため、つまり自分の外に在るものとの関係で行っているに過ぎないでしょう。自分が内的に成長?変化するために勉強する訳では無いはずです。断っておきますが「質問者だけが究極目標を持たない」と言うのではありません。日本人のほとんどがそうです。日本人が究極目標を持たないのであり、よって日本人が選ぶ指導者が究極目標を持つはずがありません。彼らは目の前にある問題を場当たりに処理しているに過ぎないのであり、究極目標との連関で考えてはいません。指導者も含めて日本人が究極目標を持たないということは、争点が無いということです。自分と家族の生活さえ保障されればいいのですから。争点が無い。つまり議論する必要を感じない。これが政治が無い状態です。日本人は行政は求めていても政治は求めていないのです。ですから私に言わせれば質問者が学ぼうとしているのは制度であり、若しくは「世間」です。永田町の人間関係の愛憎です。これは「世間」であり政治ではありません。NHKは、日曜夕方午後6時05分~からやっている『これでわかった!世界のいま』くらいはましな方ですが、ニュースは見ても無駄です。と言うか、変な印象報道ばかりで、見るとかえって変な印象操作されてしまいます。例えば、当たり前のように『徴用工裁判』と言っていますが、原告は徴用された人達ではなく、求人募集に応じて働いていた『戦時労働者』であって給料を貰っていた人達です。NHKはミスリードが多過ぎるので、TVばかり見ている高齢者は、印象操作を通り越して洗脳されています。新聞は、読売、産経あたりなら良いですが、朝日、毎日といった左系メディアは、偏っている上に記事のレベルが下がっています。知識がある人なら変な部分が判りますが、そうでない人は読まない方が良いくらいです。特に最近の朝日新聞は、奇怪と言っても良いくらいのレベルですが、門田隆将さんの『新聞という病』という本が、その奇怪さをよく解説しています。割と売れていて、話題になっていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です