経口妊娠中絶薬の安易な個人輸入や使用は危険 中絶薬外国個

経口妊娠中絶薬の安易な個人輸入や使用は危険 中絶薬外国個。税関に突っ込まれるだけで、輸入規制をクリアしているのであれば問題ありません。中絶薬外国個人輸入た場合 調べられて捕まり 経口妊娠中絶薬の安易な個人輸入や使用は危険。-には。日本国内で承認されていない経口妊娠中絶薬「ミフェ
プリストン」あるいは「」をインターネットの販売サイトからを行い
。数量に関係なく。医師の処方または指示書に基づいて必要な手続きを行った
場合に限り輸入が可能となるよう。個人輸入が制限されている。携帯の
インターネット海外サイト日本語版に。手術ではなく中絶できると書かれていた
。医薬品等の個人輸入は健康被害などの危険性があります。インターネットを介して個人輸入した医薬品等の使用により。健康被害疑い
を生じた旨の事例が報告されましたので。お知らせします医薬品について。
適正に使用したにもかかわらず重大な健康被害が生じた場合に。その救済を図る
公的な制度として「医薬品副作用救済制度」があります医療機関を受診せずに
個人輸入した海外製経口妊娠中絶薬による健康被害が発生しました。

中絶薬。中絶薬について 中絶薬の種類と使用方法 中絶薬の成功率と副作用 厚生労働省
個人輸入規制薬 中絶薬に関するの勧告そして。そのような許可がおりて
いる海外の国々でも。安全上の理由から。決して個人輸入して個人判断で使用
することのないように強く忠告がなされています。また。正常妊娠ではなく。
子宮外妊娠卵管などでの妊娠であった場合。破裂による激痛や多量出血が
起こりえ医療機関を受診せずに個人で海外製経口妊娠中絶薬を使用すること。インターネットを介して個人輸入した海外製経口妊娠中絶薬による健康被害
について~処方に基づくことが地方厚生局で確認できた場合を除いて個人輸入
を制限することとしており。このインド製の経口妊娠中絶薬について

<お知らせ>経口中絶薬の個人輸入における取扱いについて。外国で製造?販売されている経口中絶薬を個人輸入し。不適切な使用による健康
被害等が懸念されていることから。平成16年10月29日より。特定の経口
中絶薬を輸入する場合には。その数量の如何に関わらず。税関に対して。地方
厚生局の個人で海外製経口妊娠中絶薬を使用することは大変危険です/唐津市。インターネットを介してインド製と表示された経口妊娠中絶薬を個人輸入し。
服用した歳代の女性妊婦に。多量の出血やけいれん。腹痛の症状が生じ。
医療機関に入院した事例が報告されました。 現在。女性は医療機関個人輸入した海外製経口妊娠中絶薬による健康被害について情報。平成年月に。国内の歳代の女性妊婦名がインターネットを介して
インド製と表示された経口妊娠中絶薬を個人輸入により購入して服用したところ
。多量の出血やけいれん。腹痛を生じ。宮城県仙台市内の医療機関に

税関に突っ込まれるだけで、輸入規制をクリアしているのであれば問題ありません。もちろん、ご自身が自己責任のもと服用することが条件です。中絶薬によって副作用が発生する可能性もありますし、成分検査しない限り安全であるという確証は得られないでしょう。いずれにしても病院で相談された方が良いです。成年なのか未成年なのかは分かりませんが、未成年であればご自身の両親にご相談されたり、成年であればパートナーと病院に行く等といった対応を取りましょう。最初はめちゃめちゃ怒られたり非難されたりするでしょうけど、訳の分からない海外製の薬を服用して余計にリスクを負うよりかは、何も隠さずクリーンに解決された方が後味良いでしょう?逆にあなたが知人に薬品の輸入を頼まれているなら断って下さい。個人輸入でも第三者に譲渡するのはNGです。個人輸入はアナタの責任でつかうものですえ。保証された薬かどうかわかりません。中絶自体?殺人ですので?悪いことです? 神様が?見ています?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です