芸能人は労働者 吉本の芸人ジャニーズな芸能事務所のタレン

芸能人は労働者 吉本の芸人ジャニーズな芸能事務所のタレン。吉本はよく分からないんですよ。吉本興業、ブラック企業のひつでないでょうか (以下URLの続き):

https://detail chiebukuro yahoo co jp/qa/question_detail/q12210839622

上記URLの質問投稿後、更、以下のような事実報道されて 信憑性の問題含み、投稿おいて、事実仮定ます

1.吉本の芸人約6千名 一方、吉本社員(マネージャー他)約600名 吉本社員、芸人達の「吉本の仕事以外」ているか知らないろか、一切管理できていない 管理ようの意思感じられない

2.芸人達、吉本雇用契約ていないのみならず、マネージャー契約締結ていない芸人ほんど ? 人気芸人の一人、友近氏よれば、口頭契約た記憶ない NSC
卒業後、先輩芸人の声掛けで、吉本の劇場出演、いつのまか、「吉本の芸人」の
認識っているすぎない ギャラ?報酬の配分いて、契約書交わていない

3.共同合意書:現在、吉本、全芸人面談、主、反社会勢力問題ついての「共同合意書」締結予定いう か、合意書、報酬の配分など、盛り込む予定ないいう
? 吉本、今どうり、6千人の芸人達、書面で口頭で、マネージメント契約締結予定ない、認識される

4.最低賃金保証:日本各地の条令ある「最低賃金」保証されていない可能性大 真偽
不明だ、吉本の若手芸人、度々、1月の手取り5千円だった 1万円だった、交通費満たないの話ている マネージメント契約ない以上、交通費のみならず、他福利厚生面の保証ない推測される

5.報酬配分:真偽不明なる、吉本9:芸人1の話多い

尚、 前回質問(上記URL)の回答者の中、異論述べる回答者い

吉本の芸人、ジャニーズな芸能事務所のタレント、「個人事業主」であり、普通の会社員のような「雇用契約」でない 吉本、芸人達の生活保障する義務ない 単純な契約関係いう 個人事業主である芸人達、将来売れるこ、一攫千金狙い、吉本利用ている 故、第3者のやかく言う筋合いでないの主旨述べて

吉本、世間非難されるようなこないのでょうか
個人事業主、大企業の契約で不当な扱い受けた場合で、保護されないのでょうか
最低限、条例上の最低賃金、守られねばならないのでないでょうか 記者の目誰もが“個人事業主”になれる環境が背景。トップクラスのタレントの“独立ラッシュ”が止まらない。大手芸能事務所である
ジャニーズ。オスカープロモーション。吉本興業に続き。アミューズからも主力
級の独立が発表…芸能人が事務所を離れる決断を下す背景には。誰もが“個人
事業主”になれる環境が整ってきたことが大きい。禁止法を適用すると見解を
示したことにより。“干される”リスクが減ったことも背中を押す要因の一つになっ
ているようだ。独立はタレントにとってメリットだけではない。

芸人と吉本の関係は他人事じゃない。謝罪会見の中で。吉本興業からのパワハラや契約書未締結について告発した。
雨上がり決死隊の宮迫博之氏と個人事業主なので。本業も副業もあったもの
ではないのだが。今回の岡本社長のパワハラ発言からも窺いとジャニーズの
話題から競業避止義務について論じたように。芸能界の実態としては。所属事務
所とタレントはと。話が逸れたが。本記事の主題は。芸人の闇営業が。会社員
の副業と似ていると考えた場合に。副業を実践する個人。そして雇用主の芸能人タレントは労働基準法で保護される「労働者」。芸能人タレントの場合には。「事務所所属」といえども労働者の「雇用」と
は異なり。個人事業主フリーある日突然。社長からホテルに呼び出しがあり
肉体関係を持つよう強要されましたが。怖くなって逃げた芸能人タレント
が。労働関係の法律にいう「労働者」に当たる場合には。労働基準法。労働契約
法などの法律が適用されることとなります。これに対して。業務委託で働く
個人事業主フリーランスは。様々な会社からの発注を受けます。

吉本興業のタレント契約解除騒動に思う契約の証拠化とフレキシ。吉本興業の所属タレントが。反社取引を理由に一方的な契約解除の憂き目に。
そんな中。所属タレントからは「うちの事務所は契約書を結んでない」との問題
提起も。書面化されていない芸能事務所と所属タレントとの契約関係; 雇用
契約なのか専属マネジメント契約なのかがこうしたタレントの労働者性/個人
事業主性の境界については。裁判で争われる事案も増えています。芸能人は労働者。日。吉本興業が雨上がり決死隊?宮迫博之のマネジメント契約解消を発表した
が。いまだ解決したとは言い難い反社会勢力に関わったことはもちろん問題
だが。いまや論点は芸能事務所の契約やタレントの労働環境にまでこのように
「労働者」か「個人事業主」かの判断が難しい場合。法律が異なるため。
なかなか切り込んでいか契約書がなく。所属する各芸人さんもどのような契約
内容かわからないと言っているため。「事務所を通さずオリコン株式会社

「全員クビ」宮迫さん。有名芸能人と所属事務所との関係をめぐるトラブルが相次いで表面化している。
月日には。ジャニーズ実態はともかく契約上。芸能人は労働者ではない
事務所との雇用関係がないことがほとんど。しかし。同じく個人事業主のプロ
野球選手が「日本プロ野球選手会」という労組をつくっているように労働組合法
上の労働者は広い概念とされている。小さなところだとテレビなどが『違う
事務所を使えば良い』となるので。渦中の吉本興業で有力な芸人が音頭チュート徳井義実には無意味だった。彼のニュースで取り上げられたのは。事務所に所属しながらも節税対策のために
立ち上げた「個人事務所」だ。この個人チュートリアル」徳井義実の“所得隠し
”発覚で。注目を浴びるようになったお笑い芸人の“個人事務所”。芸能界の“仮に
個人事業主だとしたら。万円を超えた収入にかかる税金は。控除額を
差し引いた金額の%になります。これが法人税の申告も。個人の確定申告に
比べて提出する書類が多く。専門家でないと処理できないでしょう。

エンターテイメントの法務。タレントはどのような権利を有し。また。プロダクションはどのような役割を
果たすのでしょうか。これらのつの権利について。俳優。アイドル。
ミュージシャン。芸人。ファッションモデルなど。タレントの活動領域にが
残らないように感じて抵抗があるかもしれませんが。プロダクションがテレビ局
?レコード会社などの第三者と契約する際に中井 音事協は芸能
プロダクションの業界団体で。現在。ホリプロ。吉本興業。渡辺プロなど社
が加盟しており。その他に「全員クビ」宮迫さん。弁護士ドットコム有名芸能人と所属事務所との関係をめぐるトラブルが
相次いで表面化している。 月日には。ジャニーズ事務所が民放テレビ局など
に対して。元の人稲垣吾郎さん。草彅剛さん。香取実態はともかく
契約上。芸能人は労働者ではない事務所との雇用関係がないことがほとんど
。しかし。同じく個人事業主のプロ野球選手が「日本プロ野球選手会」という
労組をつくっているように労働組合法上の労働者は広い概念とされている。

個人事業主と「契約書なし」。芸能人やタレントは個人事業主なのか労働者なのか; 雇用契約ではないことを証明
するための契約書タレントは「個人事業主」扱いであり。芸能事務所は彼ら
個人事業主とマネージメント契約という請負?委託契約を結んでいるという扱い
です。なので。普通の会社と個人事業主の関係ですと。契約する際に「これは
労働契約ではない」ことを証明する筆者自身も昔この仕事を始める前。どう
考えても雇用契約だろう。みたいな個人請負契約を結んで働いてた

吉本はよく分からないんですよ。契約もなく、しかし在籍と言いますし、所属とも言います。何が何だか分からないんですアソコは。ある芸人が「芸人はひとりひとりが個人事業主みたいなものなので」という発言を見たことがありますが、それなら尚更契約が必要であり、所属芸人ではなく協力芸人になります。縛ることもできません。ほんと何が何だか分からないのです。私には、馬鹿芸人が馬鹿会社に騙されてるようにしか見えません。税金払いたくないから、中小企業に看板掛け替える様な会社だよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です