落下と放物運動 X=Vot+1/2gt^2斜面転る球使う

落下と放物運動 X=Vot+1/2gt^2斜面転る球使う。gin********さんx=vot+1/2at^2は、一直線上の等加速度運動の公式です。物理 X=Vot+(1/2)gt^2斜面転る球使う場合、ggsinθなります、X高さか斜面の距離のいづれなるんでょうか 回答よろくお願います 物理基礎。高校講座 物理基礎 第回 第1編 物体の運動とエネルギー 落下運動を調べる
~重力加速度~約2mの高さから落としたリンゴは。0.1秒ごとに動きを
止めてみると。同じ時間に落ちる距離がだんだん長くなっていることがわかり
ます。 この実験を元にして。速度vと時間tとの関係を表すv-tグラフを作る
と。一定の傾きを持った直線になります右図。父 「その斜面の角度を急
にしていって角度が90°になったとき。それが落下運動だと考えればいいんだ。
」落下と放物運動。物体の落下速度は徐々に早くなります。これは物体に加速度が働くからです。
このように地球の重力によって働く加速度のことを。 「重力加速度」 といいます
。また。落下した距離を とすると。 は次の式で求めることができます。
= /× 投げおろした場合 下方へ初速 で投げおろした場合の t 秒経過した
投射の初速を 投射の角度をθ 所要時間 としたとき。初速の方向の速度
は初速と同じ一定速度で移動するため。設計で使う単位や公式単位換算
ツール

gin********さんx=vot+1/2at^2は、一直線上の等加速度運動の公式です。x も vo も a も同一直線上での変位、初速度、加速度です。いま、vo や a が、斜面に沿った方向を向いているのであれば、当然、x も斜面に沿った方向の変位になります。Xは高さか斜面の距離のいづれになるんでしょうか?その式は加速する方向の話をしているのだからXは加速する方向にとるのが当たり前。今は加速度をgsinθとした時点で加速運動する方向は斜面に沿った方向と言っているのだからXも当然斜面に沿った方向になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です