連続する3つの整数で最大きい数最小さい数の和真ん中の整数

連続する3つの整数で最大きい数最小さい数の和真ん中の整数。連続する三つの整数は、中央の数をnとすると、n。連続する3つの整数で、最大きい数最小さい数の和真ん中の整数の2倍なる わけ、中央の整数nて説明なさい いう問題の答え、説明わかりやすくお願います 差が3。差がの連続するつの整数において, 最も大きい整数の乗から最も小さい整数の
乗をひい た差は,真ん中の整数を倍した数と等しい」ことを,次のように証明
するとき, の中にあて はまる最も簡単な式を記入しなさい。ただし, 同じ記号の—

連続する三つの整数は、中央の数をnとすると、n-1,n,n+1n+1+n-1=n+1+n-1=2n等差中項の問題ですね。中央の整数をnとすると連続する3つの整数は小さい順にn-1,n,n+1と表される。このうち最小の数と最大の数を足すとn-1+n+1=2nとなり、中央の整数の2倍になる。

  • 特設サイト 住民税非課税で月収10?13万くらいでしたが
  • 織田信長史 信長公記は二人が信長の上洛に慌てて降伏したよ
  • 銀行員直伝 ATMで1000円札なしの出し方
  • よくある質問 中国政府に問い合わせしたいのですがどうした
  • 体温を上げて 平熱が低いと体が弱いというのを聞くのですが
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です