CHOな官能基結合ているベンゼン環置換反応起こるきらの官

CHOな官能基結合ているベンゼン環置換反応起こるきらの官。赤線のところについて解説してみます。ある条件で臭素m クレゾール置換反応させたころ、臭素化合物A生じた Aの元素分析値、C:24 36%、H:1 45%、Br:69 55%、O:4 64%であった COOHや CHOな官能基結合ているベンゼン環置換反応起こるき、らの官能基の位置基準てm の位置反応、o p の位置反応起きくい 一方、 CH3や OH結合ている場合、o p の位置反応、m の位置反応くいこ知られている (1)臭素化合物Aの分子式求め、構造推定て構造式記せ 辺りの解説の意味よく分かりません わかりやすく教えて欲いよろくお願います 赤で引いたころ 2。求電子試薬が反応しやすい置換ベンゼンの置換基=活性基とは。ベンゼン環
の電子密度を増すような置換基です。置換基の位置は。上図左から。
オルト位。 メタ位。 パラ位と呼びます。 配向性には。-。
-。-。-。-。- などがあります。これらの置換基は
ベンゼンに直接結合している原子 や が非共有電子対を持つため。下図の
ような共鳴効果によって芳香環の電子密度が高まり。反応性が上がります活性
基。

CHOな官能基結合ているベンゼン環置換反応起こるきらの官能基の位置基準てmの画像をすべて見る。

赤線のところについて解説してみます。Aはクレゾールに臭素を置換したものですから、分子式としては、クレゾールの分子式にBrをいくつか足したものであり、また、芳香族の置換なので、ベンゼン環のH原子がBr原子に置き換わる形で反応します。Brの数は、元素分析から出ますから、入ったBr原子数、および抜けたH原子数は計算できます。一方、C原子はこの前後で変化しませんし、O原子もそうです。以上の話から、クレゾールの分子式C7H8Oから、入ったBr原子数をxとすると、Aの分子式はC7H8-xOBrxです。Xは元素分析から出ています。もっとも、私が書いた、置換の形式の知識がなくとも、元素分析を解けば出てくるのですが???最後の部分は、芳香族の置換反応での、入る位置の選択性についてのものです。これは知らないと回答しようがないのですが、OHという官能基がベンゼン環についていると、OHのオルトとパラにおける置換反応が極めておきやすくなります。CH3も同様の効果を持ちますが、OHにくらべ効果ははるかに弱いです。この問題では、OHとCH3がメタ位の関係にあるため、両者の持つ置換位置の選択性は協力することができます。つまり、どちらの置換基の効果を考えても、同じ位置に置換がおきやすくなり、その結果、解答例の構造になります。

  • でしょうか フランス語でしょうか
  • 鼻?隆鼻術 小鼻を小さくする鼻先をどからせることができる
  • ゲーミングスマホのおすすめ11選 ゲーミングスマホってア
  • 女性の悩みを解決する 先日膣トレに使うようなボールを興味
  • 2020新発 ちなみにスペイン産でパッケージもスペイン語
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です