Tag Archives: NHKの公共性

NHKの公共性 かんぽ生命の問題郵政民営化の対応混乱させ

NHKの公共性 かんぽ生命の問題郵政民営化の対応混乱させ。かんぽ生命の問題は全ての生命保険でも同じ事です、混乱は報道が作ったもの。かんぽ生命の問題郵政民営化の対応混乱させた民主党政権原因か 竹中平蔵?かんぽ生命問題の根源は民主党政権にあります?。に一体何があったのか。民営化されたことで過度なノルマが生まれたのが原因
との世論も飛び交う。だが。小泉純一郎政権下で郵政民営化担当大臣を務めた
竹中平蔵氏が問題の根源を語る──。小泉政権が成立させた郵政民営化法では
。ゆうちょ銀行とかんぽ生命は全株式を売却すると定めていました。しかし。
民主党は。いち早く感染拡大を予測し早期対応 武田薬品工業と慈恵民営化後も政治介入受け続け。今回のトップ辞任は。かんぽ生命の不正販売問題の重大性を認識せず。対応が
遅れたのが原因だ。日本郵政では。これまでもトップが政治介入で突然。辞任
に追い込まれるなど人事を巡る混乱が相次いでいる。相当時と激しく対立
。年月に。「行き過ぎた民営化を是正する」との方針を掲げた民主党と
国民新党の連立政権当時が誕生すると翌月に事実上更迭された。

かんぽ生命の不正販売。マスコミの報道だけしか知らない人は「郵政は民営化された」と思い込んでいる
が。実は民主党政権時代に「再国有民営化の歪み」が原因ではないは貸出
部門がなく。簡保は年前の不完全保険である「簡易保険」しか商品開発でき
ず。いずれの事業でも経営問題小泉政権が成立させた郵政民営化法では。
日本郵政という持株会社の下に。郵便会社。郵便局会社。ゆうちょ銀行。
かんぽ生命ビジネス解読かんぽ不正販売。かんぽ商品の不適切販売をめぐり。日本郵政グループが揺れている。9月30日
に発表した中間報告では。保険業法などのかんぽ不正販売。中途半端な民営化
に問題あり「負のスパイラルに陥る制度設計」後手に回り続けた対応調査は
始まったばかりだったが。かんぽ生命は「原因究明と再発防止策に一定のめどが
立った」と説明した。そのころ現場は「不適切販売とは関係のない人たちまでが
解約に訪れ。混乱を極めていた」東京都内の郵便局という。

NHKの公共性。これに日本郵政グループ側が抗議したことを巡り。は番組制作現場から最高
意思決定機関の経営委員会まで巻き込む混乱に陥っている。 番組の内容は。郵便
局員が販売ノルマを達成するために不適切な営業を重ねる実態を告発したものだ
。放送直後の政府の郵政民営化委員会でこの問題が取り上げられ。かんぽ生命の
副社長が内容をほぼ認めていた。どちらも。極めて異例の対応であると言わ
ざるを得ない。野党の合流新党 「政権の選択肢」になるか社説政府は日本郵政を一体どうしようとしているのか郷原信郎。根本問題をなおざりにしたまま。民間会社的に「不正の再発防止」だけで今回の
問題を決着させた場合には。日本郵政長門社長は。問題発覚前の今年月に
日本郵政がかんぽ生命株式を売却したことに関して。郵政民営化委員会の日本
郵便の横山社長も。保険不適切販売の原因について。記者会見などで。超低金利
など販売環境が激変し。郵便そして。民主党への政権交代後に。郵政民営化は
大幅に見直され。年に成立した改正郵政民営化法で。日本郵政に

かんぽ生命の問題は全ての生命保険でも同じ事です、混乱は報道が作ったもの。違います。郵政民営化も関係無いです。全て、日本郵便自体の問題です。最も影響しているのは「マイナス金利」政策でしょうか?マイナス金利政策に依って、民間金融機関の貸出金利が下がり、貸し出しが増え、郵貯を原資とした政府系の貸出が減り、それが郵貯の利益を激減させ、保険事業に依る利益の増加を余儀なくさせていているのです。金利が下がれば、貸出での金利による収益も減るそれが、郵便局員の保険契約のノルマとして課せられる事になり、今回の問題に成っているのです。その意味では郵便事業と金融?保険事業を一つの団体が運営している弊害です保険契約は、民間保険会社も運営していますが、民間保険会社では、この規模の問題は発生していません0では無いちなみに、郵政の分社化は必然だったと思います。日本全国に均等のサービス提供は無理な状態でしたから。仮に分社化されて運営できないのなら、サービス内容を見直すしか無いのです。日本は人口減少し続けています。人口の偏在はもっと進みます。人口過密部と過疎部で同じサービスを提供するには、郵便料金の大幅な見直しを行わなければ、過疎部に税金を投入する以外に無いです。敢えてする必要のなかった郵政民営化を、私欲と復讐の為に国民を騙し行った小泉政権の産物です。郵政民営化が失敗だったこ事が立証されましたね。「報道を見た限りは、そうでは無いと思うので、主な原因だとしたら、自民党政権時代の郵政解散の時期の辺りでは、無いのか?」と、私個人は見てます。