vecavec02 2直線OP直線AB1点Qで交わるきO

vecavec02 2直線OP直線AB1点Qで交わるきO。1OP→=xOA→+yOB→でOP→=0のとき、xOA→+yOB→=0ここで、y≠0と仮定すると、yOB→=。至急お願います
高校のベクトル

三角形OAB点Pあり、OPベクトル=xOAベクトル+yOBベクトル(x,y実数)成り立っているする 、OA=a,OB=bする 次の問い答えよ
(1 )OPベクトル=0ベクトルならばx=y=0であるこ示せ
(2)直線OP直線AB1点Qで交わるき、OQベクトルOAベクトル、OBベクトル、x、y用いて表せ
(3)OPベクトル∠AOBの2等分線平行であるき、xy満たすべき関係式求めよ

背理法使ういうこ分かるの解き方分かりません…
数学得意な方 vecavec02。そこで。 つのベクトルい =/ – , = – として, を
。あを用いて 通りに表すと, 基本事項[ 直線 と線分の交点
は 上にも 交点の位置ベクトル 通りに表し 係数比較 解答 と
するまた,点は直線上にあるから, /{} =/{} は実数 とすると,
の結果から /{} =// {}/{} =/ {} {}/{} +/ {
} {}/{} , 練習 ΔΟΑにおいて,辺を に内分する点を,辺の中点を

分類。直線上に。点を。からみてと同じ側にとり。?=となるようにする
。時次の問いに答えよベクトルをベクトルを用いて表せ |
ベクトル-ベクトル|=|ベクトル-3次元空間内の2点。太字
はベクトルとしてと原点の 3点を頂点とする三角形の外心 をベクトル。 と
三角形において。=。=。∠=°であるとき。 からに
下ろした垂線をとし。 ベクトル=^+-^=の直線の間の角を
求めよ。

1OP→=xOA→+yOB→でOP→=0のとき、xOA→+yOB→=0ここで、y≠0と仮定すると、yOB→=-xOA→したがって、OB→=-x/yOA→となる。したがって、Bは直線OA上にある。これは、3点O, A, Bが三角形を作ることに矛盾する。したがって、y=0すると、xOA→=0となる。すると、xa=xOA→=0で、3点O, A, Bが三角形を作るので、a≠0したがって、x=0つまり、x=0となる。ゆえに、x=y=0「xOA→+yOB→=0ならば、x=y=0となる時、OA→, OB→は互いに一次独立という。」2Qは直線AB上にあるので、AQ→=tAB→となる実数tが存在する。したがって、OQ→=OA→+AQ→=OA→+tAB→=1-tOA→+tOB→また、Qは直線OP上にあるので、OQ→=sOP→となる実数sが存在する。OP→=xOA→+yOB→なので、OQ→=sxOA→+syOB→となる。したがって、sxOA→+syOB→=1-tOA→+tOB→となる。つまり、sx-1-tOA→+sy-tOB→=0となる。OA→, OB→は互いに一次独立なので、sx-1-t=0かつsy-t=0したがって、s=1/x+y, t=y/x+yとなる。OQ→=sxOA→+syOB→=x/x+yOA→+y/x+yOB→となる。3∠AOBの2等分線と線分ABの交点をQとすると、AQ:QB=a:bとなる。したがって、OQ→=b/a+bOA→+a/a+bOB→となる。一方で、OP→が∠AOBの2等分線に平行である時、OP→=tOQ→となる実数tが存在する。したがって、xOA→+yOB→=tb/a+bOA→+ta/a+bOB→OA→, OB→は互いに一次独立なので、x=tb/a+b, y=ta/a+bとなる。t=xa+b/b=ya+b/aなので、ax=byであれば良い。

  • 愛のタトゥーは 30歳女性手の甲にちょっとだけ入れ墨アリ
  • 短期って意味はある 海外フィリピンに留学3ヶ月間に行く友
  • 委員長発信 そして小耳に聞いただけなのですが聖書でもコロ
  • fallout4 5秒くらい遅延するのですがこれはpcの
  • 友だちの影響 タバコを吸うようになったきっかけって
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です